◆インテリア

真似してみたい!インテリアスタイル【5種類】部屋作りのポイント

こんにちは。
インテリアコーディネーターの小野まどかです。

 

どのようなテイストを選ぶかで、
全く違った雰囲気のお部屋できる、
それがインテリアの楽しさですよね。

今回は代表的なインテリアスタイル5種類をピックアップし、
特徴や色味など違いを解説します。

さらに、
希望のスタイルに近づけるためのヒントも
載せました

自宅をオシャレにした方、
参考にしてみてくださいね。

北欧スタイル:自然を取り入れて心地よく

「北欧スタイル」は
ナチュラルとカラフルのバランスが特徴的です。

IKEA(イケア)やMarimekko(マリメッコ)が有名なので、
なんとなくイメージできるという方も多いと思います。

白色とライトグレーを基調にし、
木目調の家具や観葉植物を合わせたり

また、幾何学模様やカラフルなファブリックも取り入れると、
グッと「北欧スタイル」になります。

家具や小物に迷ったら、
それこそIKEA(イケア)やMarimekko(マリメッコ)で
気に入ったものを選べばOKです。

「北欧スタイル」のモデルは北欧、つまり

  • フィンランド
  • デンマーク
  • ノルウェー
  • スウェーデン

です。

雪に閉ざされる地域のため、
日照時間が短く、
部屋にいる時間が長いので

室内の快適さにこだわった結果が
「北欧スタイル」となったそうです。

インダストリアルスタイル:無骨さがカッコイイ

「インダストリアルスタイル」は
無機質な素材が特徴です。

  • スチール
  • コンクリート
  • レンガ
  • レザー
  • 木材

などがベースです。

カラーコーディネートはダークが基本。

ブラックやダークブラウン・グレーなどを
組み合わせます。

「インダストリアル」は「工業の」「産業の」を意味するので、
機械的なイメージ、
と言えば分かりやすいと思います。

飾り気がなく、
無骨なデザインで、
カッコイイ雰囲気

女性やファミリーよりも
男性に好かれるデザインですね。

むき出しの配管・コンクリートは
「インダストリアルスタイル」ぽいですが、
日本の賃貸では
なかなか難しいもの。

そんなときは
ワイヤーバスケットやレザーソファを取り入れるだけでも
雰囲気が出ますよ。

シャビーシックスタイル:古さ+上品さ

「シャビーシックスタイル」は
“古めかしいけれど上品”という特徴です。

「シャビーシック」は
英語で「Shabby chic」と書きます。

「Shabby(シャビー)」は
「使い古された」や「粗末な」という意味。
「chic(シック)」は
「上品な」や「優雅な」という意味です。

一見反対の言葉を組み合わされていますが、
つまりは
「使い古されている風合いの味わいが素敵」
と思わせる雰囲気です。

主に主に白色で統一されていますが、
ちょっぴりくすみがかったカラーが使われます。

そこに「シャビー」なもの、
ペンキが剥げかけていたり、
サビがついていたり
といった家具を置きます。

そして、「シック」なもの、
レースやフリル・お花を付け加えます。

白いアンティーク・ビンテージ風の家具があれば
一番手っ取り早いですが、
高額になりがち。

実は、今使っている
家具や小物でも代用できます。

自分で白いペンキを塗れば
塗りムラがいい感じになります。

さらにヤスリでこすったり、
傷を演出したりすれば出来上がり。

意外と簡単に
「シャビーシック」のお部屋へと変わりますよ。

モダンスタイル:洗練されたホテル風

「モダンスタイル」は
洗練されたスタイリッシュさが特徴です。

ホテルの一室をイメージしてみてください。

柄物や余計なアイテムは置かれておらず、
家具や小物ひとつひとつが
高級感を醸し出す感じです。

装飾を極力無くした家具と、
素材はガラスやスチール・アクリルなど
無機質なものがよく使われます。

テーブルや照明を無機質に切り替えるだけでも
一気に「モダンスタイル」に近づきますよ。

ベースはモノトーンですが、
自宅のリビングや寝室には重たくなりすぎるので
アクセントカラーを取り入れるのもおしゃれに見えます。

シンプルかつ大人っぽい印象の
コーディネートに仕上げてくださいね。

カリフォルニアスタイル:リゾートっぽい開放感

「カリフォルニアスタイル」は
アメリカ西海岸の雰囲気が特徴的。

別名「西海岸スタイル」や「ビーチスタイル」とも
呼ばれる通り、

まるでリゾートのような
開放感のある部屋を目指します

ブルーをメインカラーに、
ストライプ・スターなどのモチーフを使うと
アメリカンテイストが強調されます。

ソファにデニムのクッションを並べるのも
雰囲気が出ますし

海に関係するアイテムをいれるのもGOOD!

インテリアショップにも
瓶に入った砂や貝殻
ヒトデ(スターフィッシュ)もあったりするのでおすすめです。

広々とした開放感と爽やかな部屋は
ゆったりと過ごせるでしょう。

まとめ

今回は代表的なインテリアスタイル5種類について、
違いを比較しつつ、
部屋づくりのポイントを紹介しました。

  • 北欧スタイル:自然を取り入れて心地よく
  • インダストリアルスタイル:無骨さがカッコイイ
  • シャビーシックスタイル:古さ+上品さ
  • モダンスタイル:洗練されたホテル風
  • カリフォルニアスタイル:リゾートっぽい開放感

お部屋は家具の配置や小物の配色で
ガラリと変わります。
ぜひお気に入りのインテリアスタイルを見つけて、
真似してみてくださいね。

 

 

 

▼▼フリーのインテリアコーディネーターになる情報をお届け中▼▼

未経験からフリーのインテリアコーディネーターになる秘訣が無料で学べる
【登録無料】7日間動画レッスン

【毎回すぐに満席になる大人気講座】 フリーのインテリアコーディネーターデビューから
50、100万円と稼げるノウハウが学び放題!
海外インテリアアドバイザー講座

更新情報や講座の先行案内は LINE公式でチェックしてみてください^^

友だち追加

-◆インテリア

© 2021 インテリアコーディネーター小野まどかBLOG